花々のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒメツルソバ (姫蔓蕎麦)

<<   作成日時 : 2013/11/07 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

元気にヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)が咲いていた。

風もなくポカポカ陽気だったので、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)の群生する前のベンチで、暫くの間、日向ぼっこを決めこんでしまった。

この時期に限らず長い間に渡って咲き続けているが、良く見るとノイチゴ(野苺)のようななんとも可憐で可愛い花だ。

花のピンクのツブツブ模様が、まるで金平糖のようで何故か食べてみたくなってしまう。何時も食べ物を連想する癖をそろそろ止めなくていけない。

画像ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)の名前の由来だが、海辺に自生する「ツルソバ(蔓蕎麦)」に似ていて葉形や草姿が、それよりも小さい事からこの名が付いたそうだ。

たで科タデ属の多年草で、学名は「Polygonum capitatum」である。属名の「Polygonum(ポリゴナム)」は、ギリシャ語の「polys(多い)と「gonu(節)」が語源で、「茎の節がふくらんで関節」のように見えることに由来する。種名の「capitatum」は「頭状花序の」を意味している。

画像中国やチベット、ヒマラヤ地方が原産で、明治時代中期に観賞用として日本に渡来し、その後、関東以西の暖地に野生化した。性質は丈夫で、草丈は5〜10cm程度であるが、ランナーがとてもよく発達し、50cm以上も伸びる。従って、グランドカバーやロックガーデンとしても最適でよく用いられている。ほとんど手のかからない植物であり空き地や道端などで雑草化もしている。

画像茎は根元から枝分かれして蔓状に地を這って、赤紫色で粗い毛が見られる。葉は卵の形をしており互い違い生える互生している。葉には赤い縁取りが入り、V字型の暗紫色の縞々模様が見られるのが特徴である。晩秋には、葉は紅葉する。

開花時期は5月ころ〜11月中旬ころまで、ほとんど1年中楽しめる。常に蕾が出来て、花が咲き種子を作って種が落ちて、茎が根元から枝分かれして蔓状に地面を這ってい茎の頂きに径1cm前後の花を1〜3個程度見せる。花色は淡紫桃色の小さい花が、金平糖のように粒々状で球形に集まって咲く。 大体4季を通じて咲く。

画像ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)はたで科の植物だが、ちなみに「蓼食う虫も好き好き」という諺がある。「辛い蓼を食う虫があるように、人の好みは様々である」という意味だが、このタデ(蓼)は、ヤナギタデ類で刺身についている赤や緑のツマがそれである。

また、ソバ(蕎麦)はたで科であるし、イヌタデ(犬蓼)は子供達にはアカマンマ(赤飯)として良く知られている。川辺りや田畑の畦に生えているギシギシ(羊蹄)やスイバ(酢い葉:スカンポ)もたで科の植物である。たで科の植物が身の回りには沢山ある。

花言葉は愛らしい、気がきくである。

ポストカード
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒメツルソバ (姫蔓蕎麦) 花々のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる