ウズアジサイ (渦紫陽花)

ウズアジサイ(渦紫陽花)というアジサイ(紫陽花)の種類があることを知っているだろうか。オタフクアジサイ(お多福紫陽花)とも呼ばれるこのアジサイ(紫陽花)は、花びらがクルッと丸まっていて可愛い。

病気にかかったアジサイ(紫陽花)を改良した変異種らしいのだが、小さい頃は見た思い出がない。最近色々な所でよく見かける。

カメラを提げて散策の途中、あるお宅の垣根越しに咲いているのを撮ってみた。

画像ウズアジサイ(渦紫陽花)はゆきのした科アジサイ属の落葉低木で、学名は「Hydrangea macrophylla cv.Uzuajisai」であるが、属名の「Hydrangea 」は「水の容器」にちなみ、種名の「macrophylla」は、「大きな葉」の意味しており、小名の「Uzuajisai」は、花の名前の「ウズアジサイ(渦紫陽花)」を表している。

画像花の形が貝殻のように渦をまいたような形状が特徴であり、名前の由来ともなっている。

江戸時代からある品種で、別名を「オタフクアジサイ(お多福紫陽花)」とも呼ばれる。 通常はブルーの花だが、中性土でピンク色に咲かせたものは 「おかめ:梅花咲き」と呼ばれ、昔から愛されてきた。

画像このウズアジサイ(渦紫陽花)は、聞くところによると、この花弁が丸まったのは、突然、病気にかかり改良された結果だとかいわれている。

「緑の紫陽花」とは違って、古い時代に固定しているようで、今では立派に、園芸種として販売されている。「おかめ」なんて名前が何処かで付けられていたが、花屋で売っている名前は「お多福」。

画像草丈は50~200cmくらい。葉は左右一対づつつく対生で、長さ15cmほどで大きく、長い卵形で光沢があり、葉の身内を通る維管束の葉脈が目立っている。葉の縁は小さいギザギザの鋸歯がある。

枝先きにつく大きな花序の中心部には小さな両性花が寄せ集まり沢山咲き、花房は手鞠型、その周辺を5~6個の大形の装飾花がやや小さく丸まって皿状になっている。花弁は4~5枚、花の色は青紫色、桃色がある。庭園や鉢植えにすると風情も豊かになる。


画像ちなみに、アジサイ(紫陽花)は、低木であることから材の利用はないが、かっては爪楊枝や木釘などに用いられ、煎じて解熱薬としても利用されたそうである。

日本人にも古くからこの種は好まれていたらしく、万葉集にもアジサイ(紫陽花)を詠んだ歌が2首ある。

「言問はぬ 木すら紫陽花 諸弟らが 練りのむらとに あざむかえけり」 万葉集 巻4・773
「紫陽花の 八重咲くごとく 八つ代にを いませ我が背子 見つつ偲はむ」 万葉集  巻20・4448

ウズアジサイ(渦紫陽花)の花言葉は日本では移り気、ヨーロッパでは忍耐強い女性、元気な女性。

ポストカード
画像

Nikon デジタル一眼レフカメラ D300 AF-S DX18-200 Gレンズキット
Nikon デジタル一眼レフカメラ D300 AF-S DX18-200 Gレンズキット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック