シダレザクラ (枝垂れ桜)-2

今を盛りと咲き乱れるシダレザクラ(枝垂れ桜)である。

花の下に入るよりも遠景を、色々な角度から狙ったほうが花の姿を映し出せるように感じる。

時の経つのも忘れる程の、艶やかで、優雅な美しさに魅了されてしまった。

画像ちなみにサクラ(桜)と呼ぶ花は正確には存在しないが、このサクラ(桜)という名前の語源については、幾つかの説がある。

古事記に登場する木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)のさくやが転化したものだという説、さくらの「さ」は穀物の神を表す古語で、「くら」は神座を意味し、「さ+くら」で、穀物の神の集まる場所を表すという説、咲く花の代表を表すという説、「開栄・さきはえ」で咲き誇ると言う説、「咲く」という言葉にちらがついたと言う説、「咲麗・さきうら」がサクラに転じた説、「さきくにさくらん、ほきくにさくらん」という神話時代の歌からきたという説など諸説ある。確かにサクラ(桜)とは良い名前である。

画像本州、四国、九州と広く自生するサクラ(桜)で、別名はアズマヒガン(東彼岸)、ウバヒガン(姥彼岸)とも呼ばれている。花が早咲きである点が一般に歓迎され、古くから植えられてきた。花は一重と八重咲きのものがあり、花色は白色から淡紅色まで変化に富んでいる。枝の垂下するシダレザクラ(枝垂れ桜)は、この種類の一型に属し、エドヒガン(江戸彼岸)同様に花も色の白いものから淡紅色まであり、また、八重咲きの品種もある。このサクラ(桜)は長寿で老樹が多く、各地に巨木・名木が点在している。

尚、ヒガンザクtラ(彼岸桜)、ジュウガツザクラ(十月桜)などは、エドヒガン(江戸彼岸)に似ているが、これらは別種である。

画像サクラ(桜)を愛でることは万葉集の時代からあり40首にも及ぶ歌がある。今から1230年前の話だからサクラ(桜)と言っても、ソメイヨシノ(染井吉野)のサクラ(桜)ではなく野生のヤマザクラ(山桜)などのサクラ(桜)だったのだろう。

併し、もしかするととんでもないサクラ(桜)が咲いていた可能性だってある訳である。今では絶滅したけれど。サクラ(桜)の木一本とっても面白いから、私はこれに託けて出来る限り撮り続けていきたいと思っている。

画像青森県野辺地町、西光寺のシダレザクラ(枝垂れ桜)にはこのような伝説がある。
江戸時代の中期、野辺地は南部藩の外港として栄え、港には江戸、大阪をはじめ加賀や越中からも船が入港し大いに賑わったという。シダレザクラ(枝垂れ桜)は船問屋野坂勘左衛門が延享2(1745)年に京都祇園から取り寄せて植えたものと伝えられている。町の繁栄の中で京都から移されたサクラ(桜)は華やぎとともに都への憧れをかき立てたにちがいない。

それから100年ほどたって花が咲かなくなったので切り倒そうとしたところ、その前夜、サクラ(桜)の精が住職の夢枕に立って「もう一度咲いてみるから1年待ってほしい」と懇願するので伐採を見合わせたら、翌春から再び花が咲くようになったという話が寺に語り継がれている。明治時代、岩手県花泉の大塚松州が詠んだ詩の一節「老桜元是在因縁 百年免得樵翁斧」はこのことを謳ったものであろう。詩碑は老桜の足元にある。

画像話は変わって、アメリカのワシントンのサクラ(桜)の名所として有名なポトマック河畔のサクラ(桜)は、明治時代に日本から贈られた5000本のソメイヨシノ(染井吉野)の苗が育ったものである。

ところで、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの伝記の中のサクラ(桜)の木のエピソードを知っているだろうか。
ジョージ・ワシントンは少年時代、庭で斧を振り回していて、誤って父親の大切にしているサクラ(桜)の木を切ってしまったことがあった。彼は黙っていようとも思っていたが、正直に告白した。すると、「やったことはいけないが、正直なのはいいことだ」と逆にほめられた、という話である。この話は伝記作家の創作で事実ではないそうである。

この逸話からサクラ(桜)の木は「サクラ(桜)切る馬鹿、ウメ(梅)切らぬ馬鹿」や「サクラ(桜)折る馬鹿、カキ(柿)折らぬ馬鹿」と言われるように折れたりすると、そこから腐ったり弱くなり樹勢がなくなる。だから大木などは台風や風雪の厳しい地域ではどこかしら傷んでいる。それが原因で今には残っていないサクラ(桜)もあるのだろう。

人が大切にしてやればサクラ(桜)に限らず、どんな木も元気になると思う。そのことを思うと寺院にあるようなサクラ(桜)は周りの人間からも大切にされやすいからしあわせな気がする「幸せの木」なのだ。ここのサクラ(桜)は形が変わっていて綺麗だった。シダレザクラ(枝垂れ桜)はどうしても女性のイメージがあるのだが、細身のすらっとした美人なのである。

ちなみにサクラ(桜)の花言葉は、精神美、優れた美人である。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

ユーザレビュー:
←レンズキットとして ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック