ケイトウ (鶏 頭)

散歩の途中、近くの児童館の花壇でケイトウ(鶏頭)が咲いているのを見つけた。

燃え立つような強烈な色彩で花壇を飾っていた。

鶏冠の形をした真紅の花を咲かせてくれるケイトウ(鶏頭)には、どこか堂々とした風情を感じる。

画像ケイトウ(鶏頭)の名前の由来は、「万葉集」の歌にも韓藍(からあい)、辛藍(からあい)として詠われており、平安時代に書かれた日本現存最古の薬物辞典の「本草和名」では、鶏冠草(けいかんそう)の漢字の下に和名加良阿為(からあい)とされている。名前は花軸が変形して、鶏の鶏冠状になっているとこらからケイトウ(鶏頭)となったといわれている。

英名の「common cockscomb」も、やはり「鶏のとさか」を意味しており、イメージは万国共通なのかも知れない。別名はセロシア(Celosia)、カラアイ(韓藍)、チャボケイトウ(矮鶏鶏頭)、サキワケケイトウ(咲分鶏頭)、ハラシャ(波羅奢)、ケイカンカ(鶏冠花)などと呼ばれている。

ひゆ科ケイトウ属の1年草で、学名は「Celosia cristata」である。属名の「Celosia(セロシア)は、ギリシャ語の「keleos(燃やした)」が語源であり、「花の燃えるような赤い様子から」にちなみ、「cristata」は「鶏冠状の」を意味している。

画像ケイトウ(鶏頭)が日本へ渡来した時期はさだかではないが、原産地のインドから中国、朝鮮半島を経由して天平時代に伝わったとされている。最初は、実用植物として染色用と摺染の原料や食用、薬用に利用されていたようである。「韓藍(からあい)」という名前は、摺染に用いられたことに由来する。

その後、安土・桃山時代頃から観賞用として栽培されるようになり、江戸時代頃から品種改良が盛んになって,現在のように沢山の品種が登場してきた。この品種改良は、熱帯の花でありながら蒸し暑い日本の気候とうまく合って、主に日本で行われたものである。

園芸品種には4つの系統がある。最も一般的な鶏冠上の花序をつけるトサカケイトウ(鶏冠鶏頭)系,球形の花序をつけるクルメケイトウ(久留米鶏頭)系、羽毛のような花をつけるハネゲケイトウ(羽毛鶏頭)系、花の先がかたくとがるヤリケイトウ(槍鶏頭)系である。盆や彼岸の供花のイメージが強い花だが、最近では品種改良によって供花から脱皮し、フラワーアレンジメントにも利用されるようになってきた。

画像日本全国に分布し庭先や公園の花壇など何処にでも咲いている。太い茎が真っ直ぐに立ち高さが50~150cmくらいになる。1度、霜に当たると黒くなって枯れてしまう。これは、熱帯や亜熱帯起源の植物に多く、サトイモ(里芋)、サツマイモ(薩摩芋)、カンナ(Canna)、ダリア(Dahlia)なども同じ状態になる。

葉は皮針状の卵の形で互い違いに生える互生して主脈は赤みがあり、茎の先に帯化した細長い茎に花柄のない花が多数つき、下から上へ花が開いていく花のつき方に穂状花序をつける。花序の下方には細小の花を密生する。雄蕊が5本で花系の基部が合体して、子房には1本の長い花柱があり、子房中には3~5個の黒色の種子が含まれている。開花期間が8月上旬~12月上旬と長いのでサルビア(Salvia)、キンセンカ(金盞花)などとともに公園や学校の花として好適である。

若葉のようにまだ伸びきらないものは、柔らかいので摘み取ってアク抜きをして、ゴマ和え、油いためにすると、ちょっとした山菜として食味を味わえる。

画像話は変わってケイトウ(鶏頭)に関わる中国の民話 「鶏化して花となる」。
山里に年取った母親と息子が二人で暮らしていた。二人は雄鶏を飼っていた。或る日、息子は山道で泣いていた美しい娘を家に連れ帰ったが、雄鶏は激しく鳴いて娘を追い返そうとした。雄鶏が余り娘を嫌うので、息子は翌朝早く、娘を村へ送って行くことにした。

ところが、その途中で、娘は鬼女の姿に変わり息子に襲いかかった。娘の正体は、山奥に棲む大百足の精だった。大百足の精は口から毒の炎を吐いて息子に迫ったが、後をつけてきた雄鶏が大むかでの精に立ち向かった。雄鶏は死闘の末に大むかでの精を倒したが、雄鶏自身も力尽きて死んでしまった。息子は自分を守って死んだ雄鶏に感謝し丁寧に埋めてあげた。

やがて、そこから芽が出て、鶏の鶏冠によく似た花が咲き出した。人々は、主人に忠実で勇敢だったあの雄鶏の生まれ変わりに違いないと思い、その花を鶏冠花と呼ぶようになった。

画像この真紅の花の姿が古くから日本人の心を魅惑したようで、7世紀後半から8世紀後半頃にかけて編まれた、日本に現存する最古の歌集である万葉集にも何首か残されている。

ケイトウ(鶏頭)は万葉集の中では「韓藍(からあい)」の名で親しまれている。「韓藍」は、韓の国から渡来した藍(藍色の染料になる草)の意味で「鶏冠草」とも書かれた。万葉集の時代には摺り染めに使われていた。
ケイトウ(鶏頭)を詠んだ和歌と俳句
「秋さらば 移しもせむと 我が蒔きし 韓藍の花を 誰か摘みけむ」 詠み人知らず 万葉集
「わが屋戸に 韓藍蒔き生し 枯れぬれど 懲りずてまたも 蒔かむとそ思ふ」 山部赤人 万葉集
「鶏頭は 冷たき秋の 日にはえて いよいよ赤く 冴えにけるかも」 長塚節

「秋風の 吹きのこしてや 鶏頭花」 与謝蕪村
「鶏頭の 十四五本も ありぬべし」 正岡子規
この句は正岡子規が明治33年の重陽の節句で詠んだ句である。子規の家に時々見舞いに訪れていた長塚節が、斎藤茂吉に「この句がわかる俳人は今は居まい。」と話したことから論議が始まり、斎藤茂吉や評論家の山本健吉がこの句を賛美した。このケイトウ(鶏頭)は、森鴎外からもらった数種の花の種を蒔いて咲いた花だそうである。子規の蒔いたケイトウ(鶏頭)の種はすぐには発芽せず、翌年に花を咲かせた。表題の句を詠んだ前年には「鶏頭の皆倒れたる野分哉」という句を詠んでいる。

花言葉は、おしゃれ、感情的、奇妙、情愛、色褪せぬ恋などである。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

ユーザレビュー:
←レンズキットとして ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック