花々のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS オオイヌダテ (大犬蓼)

<<   作成日時 : 2010/09/27 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

随分、大きなイヌダテ(犬蓼)だと、近頃、相当気になっているこの花オオイヌタデ(大犬蓼)である。

紅葉にはまだ早い初秋のころ、薄紅色の花(花が沢山集まったものを花穂と呼ぶ)を、ゆらりと揺らし道端や空き地などでよく見る雑草である。

画像子供の頃は、そこらに自然に生えてるものとか生きてる虫とかが遊び道具だった。オシロイバナ(白粉花)が咲く頃は、茂みの中には、名前も知らない木の実や草の実。アカマンマとよばれるイヌダテ(犬蓼)が、そこらの空き地に群生していた。これは、そのまま茎から外してお赤飯にする。秋は、ままごと遊びが何より盛んな時期だった。しかも、そこで作り出される料理の数々、器も中身も全てあたりの野草、そして石などで創造していた。

このように何となく、郷愁を覚えるのは私だけだろうか。温かさ、素朴さ、更に侘びなどの風情がある花だ。

オオイヌダテ(大犬蓼)の名前は、「アカマンマ」の呼び名で親しまれる「イヌタデ(犬蓼)」に代表されるように、小さなツブツブが穂状に集まった花序がイヌダテ(犬蓼)に似ていて大きく食用にならないことから呼ばれるようになった。

画像イヌタデ(犬蓼)の「イヌ」は、似ているが違う、役に立たないという意味の接頭語である。植物の名前には「イヌ」とついているものが多くある。「イヌ」がついた種類は、大体よく似たほかの種類が有用なもので、それに比べてこの種類は役に立たないということで、そう呼ばれている。イヌタデ(犬蓼)の場合も同じ仲間の「ヤナギタデ(柳蓼)」の葉には独特の辛味があるのに対して、イヌタデ(犬蓼)には辛味がないことからきている。

たで科タデ属の1年草で、学名は「Persicaria lapathifolia」である。属名の「Persicaria」は、「persica」(桃)に似ている、との意味で、葉が桃に似ていることかららしいにちなみ、種名の「lapathifolia」は「Lapathum属のような葉の」を意味している。

日本全土の道ばたや田畑の周辺、河原などの日当たりのよい場所に自生している。よく枝分かれして、草丈は80cm〜2mほどになる。普通に見られるこの仲間では大きめである。節々が太くなるのも特徴。茎は無毛で、赤みを帯びることも多い。

画像たで科の植物で、タデ属を広くとらえたときは、オオイヌタデ(大犬蓼)もタデ属で、この場合は、ミズヒキ(水引)、ミチナギ(道柳)、ミゾソバ(溝蕎麦)、ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)、高い山にあるイブキトラノオ(伊吹虎の尾)なども含まれたりしている。狭くとらえた場合は、イヌタデ属に含まれるが、この仲間は多くの種が夏から秋にかけて花をつける。色は白や紅紫色で、、「アカマンマ」の呼び名で親しまれるイヌタデ(犬蓼)に代表されるように、小さなツブツブが穂状に集まった花序になるのが特徴である。

この仲間、ある程度見慣れてくると、全体的な姿で見分けられるようになると思うが、細かくしっかり観察して名前を調べる場合は、その茎の托葉が、鞘のようになって茎を包む形になっている「托葉鞘」、または葉の基部が鞘状になり、茎を包む部分の「葉鞘」という部分をチェックする。オオイヌタデ(大犬蓼)の葉鞘は筒形で薄い膜のようなものである。縦に何本もの脈が目立ち、その縁に毛がないのが普通である。

とはいっても、少し短い毛が見られることもある。葉は茎の節ごとに一枚ずつ方向を異にしてつく互生をしており、細長く両端が尖り、中央より下が1番幅が広い披針形で、長さは15cm〜20cmくらいである。

画像開花時期は6月〜11月である。大体は8月の終わりごろから、一斉に咲いて目立つようになる。花が茎に着く状態をいう花序は長さ5cm〜10cmで、弧を描いて垂れ下がる。色は濃淡あって、紅紫色〜白色です。ふつう紅白、交じり合って咲いている感じになる。

花被(花を構成する萼片(萼)、花弁(花冠)、雄蕊、心皮(雌蕊)は、それぞれ葉の特殊化したものと考えられ、花葉と呼ばれる。その花葉の雄蕊、雌蕊より外側にある萼及び花弁(花冠)をあわせて花被という)は4ツか5ツに裂けるが、大体4ツのことが多い印象である。

画像果実は平べったい円形で、黒褐色している。この仲間の花序は、まだ咲いていると思って近づいてみると、この黒い果実が見えて驚く。ピンクっぽい花被の部分がその果実にピッタリはりつく形で残っているので、遠めにはまだ咲いているかのように見える。

はじめて黒光りしているイヌタデ(犬蓼)を見たときは、大変驚いた。

花言葉は安全、無事である。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

ユーザレビュー:
←レンズキットとして ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



蓼喰う虫 (新潮文庫)
新潮社
谷崎 潤一郎

ユーザレビュー:
谷崎文学のクロスロー ...
蒔絵の提げ重むずかし ...
文章も巧いが、挿絵も ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蓼喰う虫 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオイヌダテ (大犬蓼) 花々のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる