ヤブカンゾウ (藪萱草)

高原でニッコウキスゲ(日光黄菅)が咲くころ、草刈りをしていない畑の土手でヤブカンゾウ(藪萱草)が花盛りである。

春の新しい芽は、美味しい野草としてもぎ取られ夏は刈り取られて、家畜の餌や田畑の肥料にされてきたにも、かかわらずしぶとく生き残って咲く花は、見るだけで暑苦しくなる。

また、雄蕊が花びらのように変化して八重咲きになっている様子は、ユウスゲ(夕菅)の爽やかさとは対照的な、したたかささえ感じる。

画像ヤブカンゾウ(薮萓草)の名前は、葉がカヤ(萓)に似ていることに由来に由来しており、漢名である「萓草」を音読したものである。「藪」は「野」よりも人家の近くにある事を表している。

別名のワスレグサ(忘れ草)と呼ばれており、昔、中国では、春先に萱草の刀のような葉を交互につけた若芽を食べると「憂いが晴れる」といわれており、「忘草」「忘憂草」とも呼ばれていた。やがて、萱草の花を身につけたり見たりするだけで「憂いを忘れさせてくれる」という意味に変わっていった。「今昔物語」には「忘れ草と忘れない草」にまつわる話がある。また、オニカンゾウ(鬼萓草)ともいわれている。英名では、「Tawny daylily」と呼んでいる。

ゆり科ワスレグサ属(ヘメロカリス属)の多年草で、学名は「Hemerocallis fulva var. kwanso」である。属名の「Hemerocallis(ヘメロカリス)は、ギリシャ語の「hemera(1日)」と「 callos(美)」が語源で、美しい花が一日でしぼむところからにちなみ、種名の「fulva」は「茶褐色の」、小名の「kwanso」は「カンゾウ」の日本名を意味している。


画像中国が原産で、古い時代に中国から日本へ渡来した有史前帰化植物といわれている。寺院に植えられ、今では北海道から九州に至る全国に分布している。平地や丘陵地の斜面、田畑の土手、道端、川縁、林縁などいたる場所に自生している。

このように村落や都市など人間の生活圏に限って出現する植物を専門家は「人里植物」と呼び、オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)、ホトケノザ(仏の座)、セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)などとともに、ヤブカンゾウ (藪萱草)も「人里植物」に含めている。

画像匍匐茎(株の基部から出た茎が水平に伸びて、地 上又は地下を浅く這い、その先端に芽を出して殖える茎)を出して繁殖する。根は黄色の紐状で、所々に塊がある。

葉は地表にきわめて近い部分から密集して出る根生葉があり、花茎にはない。この仲間では幅が広く5cmくらいになることもあり、厚く丈夫である。長さは40~60cm、幅は2.5~4cmの線形の幅が広い広線形である。

開花時期の6月~8月に、葉の間から長さ50~100cmの花茎を伸ばし、花径が10cmくらいの黄橙色の花をつける。内側には、雄蕊が花弁化した沢山の花びらがある。花の色は橙赤色の八重咲きであり、上向きに咲く。花の命は短く、朝方に開花すると夕方には萎んでしまう一日花である。

種子は結実しない。繁殖は栄養繁殖のみになり、従って人の往来のない人里離れた所では繁殖できない。根茎が川の氾濫によって流されたどり着くような場所には多く見られる。若芽と花は食用になる。

画像基本品種とされていシナカンゾウ(志那萓草)、別名ホンカンゾウ(本萓草)は、日本には自生していない。ホンカンゾウ(本萓草)の根を乾燥させたものが生薬カンゾウコン(萱草根)で、蕾を乾燥させたものがキンシンサイ(金針菜)として用いられる。

ヤブカンゾウ(藪萱草)は代用として用いられる事がある。単にカンゾウ(萱草)といった場合は、淡紫色の蝶形花を咲かせ生薬の甘草に使われるマメ科の別種を指している。ゆり科は、世界の温帯と熱帯に約240属4,000種が分布している。ワスレグサ属は、ユーラシアの温帯に約20種あり、そのうち日本には約5種が自生している。

画像「今昔物語」には「忘れ草と忘れない草」に関わる「兄弟二人殖萱草紫苑語」話がある。
今は昔、仲のよい2人の兄弟がいた。母親が病気で死ぬと、2人は毎日墓参りをしていた。数年後、兄は母を忘れようと思い、墓に忘れ草(萱草)を植えて、墓参りもやめた。弟は母を忘れまいと思い、思い草(紫苑)を植え、お墓参りを続けていた。
 
或る夜、弟の夢の中に墓守の鬼が現れて、「お前の母を思う心に感心したので、明日起こることがわかるようにしてやろう。」といった。弟は夢のお告げ通り翌日起こることを予知出来るようになり、幸せに暮らしたという。

若葉は、おひたしにして、酢味噌で食べることができる。花の蕾は食用され、乾燥させて保存食(乾物)とする。中華料理では、主に「金針菜(チンチェンツァイ)」、「黄花菜(ホワンホアツァイ)」と称する花の蕾の乾燥品を用い、水で戻して、スープの具にすることが多い。根は生薬としても使われる。

和歌では、夏の季語、および悲しいこと(忘れたいこと)があった心境を表す言葉として詠まれている。
「忘れ草 垣も繁みに 植えたれど 醜の醜草 なお恋にけり」 万葉集 巻12
「萱草 わが紐に付く 香具山の 故りにし里に 忘れむがため」 大伴旅人 万葉集

この花を着物のひもにつけておくと嫌なことを忘れさせてくれるそうだ。

花言葉は宣告、憂いを忘れる、愛の忘却である。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年07月28日 09:27
ヤブカンゾウ
勉強になりました。

近所で咲いている綺麗なオレンジ色のユリ
もしかしたらヤブカンゾウです。
名前が分かりスッキリしました。

ありがとうございます
2011年07月30日 13:13
コメント有難う御座います。

私の拙い写真と記事がお役に立ったこと嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。

ご返事が遅くなり申し訳けありません。

この記事へのトラックバック