ヌスビトハギ (盗人萩)

花の名前は凄く面白かったり、楽しかったり、可哀想だったり様々だが………。だから、調べて見ると面白い。

このヌスビトハギ(盗人萩)の名前は、何だか可哀想かも知れない。

その小さな可愛い花の後が、泥棒の足跡に似ているからという………。

画像ヌスビトハギ(盗人萩)。名前の由来には幾つかの説があり、果実の形が「忍足」に似ていることから、盗人がはく忍足に似た実を付けるハギ(萩)と言う説や、荒地をこっそり歩いてきた盗人の服にこっそりと実を付けるという説や、気がついたら服に付いていて「こっそりと仕事をする」と言う説もある。

まめ科 ヌスビトハギ属の多年草で、学名は「Desmodium oxyphyllum」である。属名の「Desmodium(デスモディウム)は、ギリシャ語の「desmos(鎖)」と「eidos(構造)」が語源で、果実の途中がくびれて「鎖」状になっていることに由来している。種名の「oxyphyllum」は「鋭形の葉の」を意味している。

画像日本が原産で、北海道や本州、四国、九州、琉球、台湾、朝鮮半島、中国に分布する。林縁や路傍、草地など日当たりのよい草地にも生育しているが、水分条件の良いやや湿った陰地を好む印象がある。

草丈は50cm~1mほど。葉は節ごとに1枚ずつ方向を異にして互い違いにはえる互生して付き、3つの小さな葉(小葉)で1つの葉になっている3出複葉。てっぺん(頂)の小葉は葉の中央より付け根寄りが最も幅が広い卵形から長卵形で長さ4~8cm、外側の2枚の側小葉は頂小葉に比べやや小さい。それぞれ縁は弱い波状のようながたつきがある。葉面はすべすべしているがつやはほとんどなく鈍い。葉裏は淡緑色で、色の差の性か主脈から側脈(支脈)が出て、さらに細い脈が網の目のように連絡している網状脈が目立っている。また、脈に向けて窪んでいて全体に立体的というか、ややぼこぼこしている。葉柄は顕著で、茎から垂直に出ている。茎や葉柄は硬くぴんとしていて、稜がある。

画像花は秋に葉の腋から伸びた茎に総状花序を作っている。花径は5mm、花幅は3.5~4.5mm程度で余り目立たない。花は蝶が飛んでいるような形の「蝶形花」をしており、薄桃色の立ち上がった花びらの旗弁とひらひらの蝶の羽のような花びらの翼弁は同じように薄桃色をベースに、先端側の半分程度が濃い桃色で真っ直ぐ前方に伸びている。船の竜骨に似た白から極めて薄桃色の花びらの竜骨弁からなっている。蟻が多いなと思ったら花の中で蜜が浮いている。先端側に薄桃色の染まりのある白いやや扁平な子房の先端から旗弁側につんと折れた白い花柱が面白い。各花柄の基部に若草色から薄黄緑の三角形の苞葉があり、いいアクセント。縁は短毛。

ヌスビトハギ(盗人萩)の名前には似つかわしくない可愛らしい花である。早いものであると7月に花を咲かせるようであるが、8月から9月にかけてが見頃とのこと。初秋の訪れを密かに告げてくれる花である。

画像ちなみにハギ(萩)は鞭としてよく使われた。ハギ(萩)は細くて弾力があるから、鞭としては一番適している。昔の学者はハギ(萩)の鞭で脹脛を打たれながら勉強をした。ヌスビトハギ(盗人萩)とは関係はないが、ハギ(萩)の鞭にかかわった話がある。

朴文秀とハギ(萩)の鞭。
朴文秀とハギ(萩)の鞭にかかわる話がある。朴文秀が暗行御吏になり、慶尚道のある地方を回っている時だった。ある日、深い山奥で夜を迎えるようになって迷っている途中、1軒家を見付けて門を叩いたら、美しくて若い奥さんが出て来た。1晩泊めて貰うように頼んだら、主人が外出しており、部屋も1つしかないので、他所の男を寝かせられないと答えた。でも、朴文秀はこのまま山で迷っては、野獣に会い命を失うかも知れないから泊らせてほしいと懇願した。

奥さんは仕方ないといい家に入れ、夕飯をもてなして寝床に入るようにした。部屋が1間だから布で部屋を分けて、それぞれ背を向けて横になったが、朴御吏は女人の美しさに魂を抜かされて、知らぬ間にその奥さんを抱えこもうとした。すると、奥さんは起きて朴文秀を酷く咎めた。奥さんは非常に厳しく叱ってから、直ちに外に出て鞭を作って来なさいといった。朴文秀は自分が作ってきたハギ(萩)鞭で、脹脛に血が出るほど叩かれた。奥さんは傷についた血を、絹の布で巻いてくれながら、両親から貰った血を1滴でも疎かに捨ててはいけない。この血が付いた絹の布を持っていて、もしか再び悪い心が起きたら、教訓にしなさいと与えたという。

ヌスビトハギ(盗人萩)の別名はドロボウハギ(泥棒萩)やヌスットハギ(盗人萩)とも呼ばれている。

画像ハギ(萩)を詠んだ和歌と俳句
「人皆は 萩を秋といふ よし我は 尾花が末を 秋とは言はむ」 万葉集
「高円の 野べの秋萩 いたづらに 咲きか散るらむ 見る人なしに」 万葉集
「宮人の 袖つけ衣 秋萩に 匂ひよろしき 高円の宮」 大伴家持 万葉集
「かくのみに ありけるものを 萩の花 咲きてありやと 問いし君はも」 余明軍 万葉集

「白露を こぼさぬ萩の うねりかな」 松尾芭蕉
「行けど萩 行けど薄の 原広し」 夏目漱石

ヌスビトハギ(盗人萩)の花言葉は奪略愛である。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2016年11月27日 23:43
これは、ヌスビトハギではなく、外来のアレチヌスビトハギですね。

この記事へのトラックバック