ツリフネソウ (釣船草)

ツリフネソウ(釣船草)は、夏の終わりから秋にかけて咲く形の可愛らしい花である。

奥多摩の御岳渓谷沿いで咲いていた。

花の後の方は発条のように巻いていて、花の下部には斑点がある。まるでゆったりと水中を泳ぐ魚のようである。

画像ツリフネソウ(釣船草)の名前の由来は、細い柄にぶらさがっている花の姿を帆を上げた釣り船に見立てたとも、活け花で使う釣船型の花器に見立てたものだともいわれている。花の名前には実に面白いものが多いが、このツリフネソウも、命名者の想像力の豊かさを感じさせられる。ムラサキツリフネ(紫釣船)とも呼ばれる。

つりふねそう科ツリフネソウ(ホウセンカ)属の1年草で、学名は「Impatiens textori」である。 属名の「Impatiens(インパチエンス)」は、ラテン語の「impatient(我慢できない)」が語源で、「種子が熟すると勢いよくはじけ飛ぶ」ことからにちなみ、種名の「textori」は、採集家の「テックストル氏」の名前を意味している。

画像日本や朝鮮半島、中国、ロシア東南部の東アジアに分布し、日本では北海道や本州、四国、九州の低山から山地にかけて分布し、湿地や川流れの傍、水辺などのやや湿った薄暗い場所に自生している。キツリフネとともに群生していることも多い。

草丈は50cm~80cmほどで、茎は赤みを帯びていることが多く、やや肉質でツルツルしていて、真っ直ぐに直立してよく枝分かれしている。葉は葉柄があって、茎の節ごとに1枚ずつ方向を異にして互い違いに生える互生になっている。葉身は葉身は長楕円形(楕円形よりも細長く高さが幅より3~4倍くらいあるもの)~広披針形(細長く両端がとがり、中央より下が 一番幅が広い)で、先端は尖っている。キツリフネ(黄釣り船)より広披針形に近い傾向がある。縁に細い鋸の歯のような「ギザギザ」が斜め前方を向いてそろっている鋸歯がある。

画像開花時期は夏から秋(山地では 8月頃から、低地では9~10月ごろ)である。茎の先端部から細長い花序が伸び、そこに紅紫色で3~4cmほどの横長の花が釣り下がるように多数咲く。

近づいてよく見ると、3枚の花びらがあり、上側に1枚、下側に2枚ある。下側の花びらは大きくて左右に広がるような形となって、中を覗いてみると、紅紫色の斑点と黄色をぼかした模様がみえる。3枚の唇形の萼をもち、上側にある2枚の萼は小さく、下側にあるもう1枚の萼が大きく袋のようになっており、花びらを包んだ状態になっている。その袋の先は、尻尾のように細長く先は丸まり渦巻き状となっている。この尻尾のことを距といって、この距の中に甘い密が入っており、主にマルハナバチや大型のハナバチが、これを目当てに集まってきて、花粉を媒介する。

雄蕊は5本あるが、初めのころは葯(花粉のあるところ)がくっついていて、雌蕊を包んだような状態になっている。同じ花の中でも、雄の時期と雌の時期があって、先に雄蕊が成熟して雌蕊が成熟するころには、雄蕊はその役目を終える。このように成熟する時期をずらすことで、同じ花での受粉を避けていると考えられている。

画像果実の長さは1~2cm、熟すとちょっと触っただけで、果皮が5ツに裂けてクルクル蒔きになり、種子が勢いよく弾けて飛び散るように拡がる。属名のインパチェンス(Impatiens)は「忍耐しない」という意味で、ちょっとした刺激によって種が弾けてしまうところからきている。

目立たぬ花ながら、緑濃い草むらに点々とばらまかれたような紅紫色の花は色鮮やかだ。花筒を覗くと、入口は黄色い敷居になっていて、その奥は白地に赤紫の斑点を散らした華やかなインテリアで飾られている。

このツリフネソウ(釣船草)は全草が有毒で、中毒症状では吐き気などがある。塊根には、解毒作用があって、覇王七(はおうしち)と呼ばれて。細かく刻み酒に浸すか、摩り下ろして酢と混ぜて、腫れや膿を消す場合に患部に塗布する。打撲傷には、生の塊根を砕いて患部に塗布する。また、全草を野鳳仙(のほうせんか)と呼んでいる。 北海道のアイヌでは、利尿剤として用いたという。良く似たキツリフネ(黄釣船)は薬用にはならない。

画像和歌では晩夏から秋にかけての季語として詠まれる。山道を歩いていてこの花を見かけると、ああ、もう夏が終わって秋になりつつあるんだな、としみじみした気持にさせられる。

湿り気のある薮っぽい茂みの中に小さな花が群れ咲いているが、遠目に目立つような花ではない。うかうかすると見過ごしてしまうが、しかし近寄ってみるとなんともおもしろい、味わいのある形をしている。フグが大口を開けて小魚を待ち構えているようなおもしろい形の花が、細い花柄の先にちょこんと吊り下がっている。ツリフネソウ(釣船草)は何を考えてこんな形になったのだろうと不思議な気持になる。

マクロレンズを通して花をじっくり見ることによって、ツリフネソウ(釣船草)の美しさ、楽しさがよくわかった。

花言葉は心を休める、安楽、期待、詩的な愛、私に触らないでなどである。

ポストカード
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック