10月のカレンダー-1

10月のカレンダー。

近くの公園で咲いていたシュウメギク(秋明菊)とボケ(木瓜)を使って遊び心で作ってみた。

写真のサイズにプリントしてフォトフレームに入れ卓上カレンダーとして使ったり、ポストカードのサイズにプリントをして、友だちの誕生月、日に送ったり、プリントをしないでパソコンの型紙として使っても良いでしょう。

色々工夫して活用して下さい。

画像シュウメイギク (秋明菊)
野の風情の花といったらシュウメイギク(秋明菊)、秋の野草で思いつくのもシュウメイギク(秋明菊)である。

綺麗で可憐な花だけを見ていると、コスモス(Cosmos)と見間違うような花を咲かせていた。和名はシュウメイギク(秋明菊)であり、コスモス(Cosmos)の和名であるコスモス(秋桜)ともイメージが重なってくる。

細く長くしなやかな茎を持つこの花は、茎がくねったり捩れたりして、風にそよぐ姿や雰囲気は、野の思い出がいっぱいといった感じである。それでいて、とてもおしゃれで都会的な趣も充分ある。

名前の由来は秋にキク(菊)に似た花を咲かせるところからシュウメイギク(秋明菊)と名付けられた。 別名の「キブネギク(貴船菊)」は、秋にキク(菊)のような花を咲かせて京都の貴船山に自生していることからきている。

画像ボ ケ (木 瓜)
花びらがふんわりとして色もとても上品で美しい花なのに、名前がいささか気の毒なボケ(木瓜)である。

誰が付けたのかボケ(木瓜)の名前なんて………。こんなに可愛く可憐な花を沢山付けて、しっかり自分を主張しているのに………。

だがまてよ、しなやかな細い枝に凛と咲いていた筈、でも、それを今になって気が付いた。ちょっと呆けているかも知れない。でもいいや、目立たなくても静かに、優しく咲いていてくれるボケ(木瓜)の花を急に誉めてあげたくなった。

「ボケ」は漢字で書くと「木瓜」。これは果実の形が瓜(ウリ)の形によく似ているところからボケ(木瓜)。初めは「木瓜」を「モッケ」と呼んでいたが、それが次第に「もけ」が木瓜(ぼけ)に転訛していき「ボケ」になったと言われている。「ボックヮ」が「ボケ」になったという説もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック