フウセンカズラ (風船葛)

フウセンカズラ(風船葛)が、雑草に、蔓を絡ませながら咲いていた。

夏の暑い時期に、涼しげな白い小さな花を咲かせている。花を咲かせた後は、紙風船のような果実をつける。

時折、吹く風を受けて揺れる様はとてもユーモラスで可愛い。

画像フウセンカズラ(風船葛)の名前は、夏の頃に、小さな白い花をつけた後に付く緑色の紙風船のような袋状の果実が名前の由来となっている。また、蔓性でまわりのものにどんどん巻き付いていく。そこから「葛(かずら)」の名がついた。

むくろじ科フウセンカズラ属の1年草で、学名は「Cardiospermum halicacabum」である。属名の「Cardiospermum(カルディオスペルマム)」は、ギリシャ語の「cardia(心臓)と sperma(種子)」が語源で、「ハート形の種子」の意味と思われる。種名の「halicacabum」は「ホオズキのような」を意味している。

画像原産地は東南アジア、中央~南アメリカの広く熱帯地方に産し、果実の形が風船に似て面白いので観賞用として渡来したのが、関東から東海地方に野生化して、畑や人家の周辺、荒地、公園などに生えているのが見られる。

蔓は朝顔のように伸びて長さは2~4mになる。茎には縦の溝があり、葉は節ごとに1枚ずつ方向を異にして互い違いに生える互生で、長さ5~15cmである。若芽の小葉は草質で柔らかい。粗い裂けて分かれた出来た小葉が、さらに分裂している2回3出複葉、卵状をした細長く両端がとがり、中央より下が 一番幅が広い披針形で先は尖っており、縁に粗い鋸の歯のようなギザギザが斜め前方を向いて揃っている鋸歯がある。

画像開花時期は7月~9月頃。花径は5~6mmの丁度米粒くらいのごく小さい白い花を咲かせる。4弁の花弁が6弁に見え、拡大して見ると蕊の黄色も可愛い。花は葉腋からでる長い柄の先に数個付き、花柄の下部に2本の巻きヒゲを共につける対生をしている。

花を鑑賞するためより、むしろ、風船状の果実を鑑賞するために栽培されている。

画像初秋のころになると、緑色の果実は風船状に大きく膨らみ実にユニークで目を楽しませてくれる。種子は球形で大粒、滑らかなな黒でハート形の白い部分がある。ちょうどトチノキの種子を小さくした姿に見えて可愛らしい。風船唐綿のような棘々はない。

多数の風船状の果実がぶら下がった姿はなかなか面白い。また、よく茂ったときは非常に涼しげで、家庭の壁面緑化にも使われる。種子の白っぽいハート形の部分を子供がサルの顔に見立て描いたり、また、果実を押して割る時、ポンと音がするので子供が喜んで遊ぶこともあった。

10月にはいると殆んどの果実は茶色くなってしまう。

画像英名ではバルーンバイン(Ballon vine)、ナルーオンバイン(Nalloon vine)、ハートピー(Heart pea)、ハートシード(Heart seed)、ウィンターチェリー(Winter cherry)と呼ばれている。

花言葉はあなたと共に飛行しよう、多忙、飛翔などである。

ポストカード
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック