11月のカレンダー-2

11月のカレンダー。

公園に咲いていたオカトラノオ(岡虎の尾)とホトケノザ(仏の座)を使って遊び心で作ってみた。

写真のサイズにプリントしてフォトフレームに入れ卓上カレンダーとして使ったり、ポストカードのサイズにプリントをして、友だちの誕生月、日に送ったり、プリントをしないでパソコンの型紙として使っても良いでしょう。

色々工夫して活用して下さい。

画像オカトラノオ (岡虎の尾)
散歩の途中によく立寄る公園で撮ったオカトラノオ(岡虎の尾)である。公園管理者によって保護や管理されているので、寒くなった時期でもまだ花をつけていた。

大抵は色々な雑草に囲まれているので、さほど綺麗と思ったことはないが、、よく管理された公園のオカトラノオ(岡虎の尾)をみて、こんなに綺麗な花だったのだと改めて認識した。

オカトラノオ(岡虎の尾)の名前は、根元のほうから先端に向けて花が咲き上がっていき、この花の穂が「トラノオ(虎の尾)」のようなところから由来する。英名の「Gooseneck」 は「がちょうの首」の意味している。

画像ホトケノザ (仏の座)
ホトケノザ(仏の座)の名前は、茎の上のほうの葉には柄がなくて、2枚の半円形の葉がお互いに向き合って接していて、この様子が仏様の座っておられる蓮華座(仏の座)のような形をしていることに由来している。

別名は葉が段々になることからサンガイグサ(三界草)やホトケノツヅレ(仏の綴)、カスミソウ(霞草)などがある。春の七草の1つに、ホトケノザ(仏の座)があるが、これはきく科のタビラコ(田平子)のことで、この植物ではないから春の摘み草にはむかない。

最近、一般の植物図鑑や野草図鑑などでは、春の七草と間違うことがあるからか、サンガイソウ(三界草)の名前で掲載されているのをよく見かける。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック