チャノキ (茶の木)

公園の生け垣には、秋から冬にかけて咲き続ける白い花が、葉蔭に俯き加減に姿を覗かせている。 チャノキ(茶の木)の花だ。 ツバキ(椿)のような姿形をしているので、一目見たときにツバキ(椿)だと思ってしまう。 チャノキ(茶の木)の名前の由来は詳しくはよく分からない。余りにも人との係わりが古いからであろうか。 つばき科ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more